忍者ブログ

本館の『Photo Gallery 沙塵』へもお越しください。(Linkから飛べます)

   
カテゴリー「雑談」の記事一覧
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

甲府盆地の底に位置する我が家の周辺は、既に葉桜になっている。
そこで、週末は北に向かい桜の開花を追って、毎年春のパワーを吸収している。

先週は高根町が満開だった。
そして、今週は「清里フォトアートミュージアム」の「ヤングポートフォリオ」を観て周辺を散策した。
さすがに、この辺は山間部であるため、桜の蕾がいくらかほころび始めたところだ。
ちょいと足を伸ばして、「夢宇谷」や「小淵沢・道の駅」へ行くと、枝垂れ桜が5分咲きといったところ。




上のような写真を貼り付けてみたが、やはり、田舎の野道には敵わないと思った。

PR
こんなんや

こんなのが・・・
10/21の日曜日から出雲-鳥取と旅行へ
10/25は長野市へ出張
そして明日10/27は新潟へオープンキャンパス
体が壊れそうです・・・


野点
この字、読めますか?
オイラは3日前まで読めませんでした。
意味は『屋外で茶または抹茶をいれて楽しむ茶会のこと。』
そうなんです、「のだて」と読みます。
「のだて」は知っていましたが、まさかこんな字だとは知らなかったんです。(大汗)

『点』を「たて」と読むなら「お茶をタテる」は『お茶を点てる』と書くに違いないと思い調べたら図星でした。
また、「点てる」は動詞なので、どんな動作なのかも調べてみました。
湯を加えた抹茶を、茶筅(ちゃせん)で手早くかき回すこと(点茶)
うむ~・・・今度は「点茶」を検索してみました。
すると
===========================================================
「点茶」の「点」
 「茶を点てる」の「たてる」に「点」の字を当てるのは、「点茶」にこの字が使われているからです。
 本来「点」は「小さく黒いほし」のことで、そこから「しるしをつける」と言う意味になり、「つける」「いれる」「とる」等の動詞に「少量」の度合が付加された表現の言葉に用いられます。 例えば、「点灯」(灯火をつける)、「点心」(空腹時に食物を少しとる)、「点眼」(目薬を少量さす)、「点滴」(わずかづつ滴らせる)等。
 「点茶」も、器に少量だけ茶を作る事ですから、その意味の上から「茶を入れる」のではなく「茶を点てる」と表現されるわけです。

============================================================
http://www1.odn.ne.jp/~cas30550/raku/raku1.html から引用

9割ほど理解しましたが、なかなか面白いですな。
まあ、「ちょこっといれる」と言う意味なんでしょうな~(きっと
土曜日はお登りさんで東京へ行ってきました。
六本木(ホントは赤坂9丁目)にある東京ミッドタウンにある『Fiji Film Square』が目的地。

『終生モダニズムを貫いた写真家「植田正治の写真世界」』が6月1日(金)から開催されている。

鳥取砂丘を舞台とした遠い記憶の中のチョッピリ切ないメルヘン。
ファッショナブルでありデザインでありながら純粋な優しさや愛情を感じさせる。
どこか文豪の北杜夫や安部公房の小説をも彷彿とさせる。

オリジナルプリントの質感が優しいこと!!
植田正治さんがデジタルに染まらなかったことに感謝してしまった。
そして、こんな贅沢なGalleryを無料開放してくれるFiji Filmにも感謝なのです。


拝見し終わった後は写欲が増すもので、ショルダーバックに入っていたコンデジRICOH PXで2~3枚撮ってみた。
・・・都会のミッドタウンは機械的で角張った風景が刺々しいと想った。
   
Copyright ©  -- 一粒の沙塵 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]