忍者ブログ

本館の『Photo Gallery 沙塵』へもお越しください。(Linkから飛べます)

   
年蘢り
初詣はお済でしょうか?

初詣をWikipediaで検索すると
「元々は「年蘢り」(としこもり)と言い、家長が祈願のために大晦日の夜から元日の朝にかけて氏神の社に蘢る習慣であった。」
と記されている。
ここで注目すべきは「氏神の社」である。
言葉を変えると「産土(うぶすな)社」との言い方もある。
つまり、自分が住んでいる地域を守る神様にご挨拶をすると言うことだ。



やはり、Wikipediaに記されているが、有名神社仏閣に詣でる習慣は電鉄会社が仕掛け、乗車収益向上を狙ったものらしい。
まあ、バレンタインデーのチョコレートとかサンタクロースの衣装は赤色みたいに企業等が考えた商売上の戦略が一般化したものなのだ。

ところで初詣で何を祈願しましたか?と聞くと、ほとんどの人が家内安全、商売繁盛など、自分に福が来て欲しいと願っていると思う。
確かに「苦しい時の神頼み」という言葉があるが、本来は神様に対しては畏敬の念をもって感謝することが大切なのではないだろうか。

大きな災もなく一年を暮らすことができました。
怪我はしたけど大怪我にならずにすみました。
貧困だけども、なんとか生きて来られました。

こんなふうに、まずは感謝の気持ちを神様にお伝えしたいものである。
な~んか教祖様になった感じだわん(笑)
PR
   
Comments
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
Copyright ©  -- 一粒の沙塵 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]