忍者ブログ

本館の『Photo Gallery 沙塵』へもお越しください。(Linkから飛べます)

   
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

10/21の日曜日から出雲-鳥取と旅行へ
10/25は長野市へ出張
そして明日10/27は新潟へオープンキャンパス
体が壊れそうです・・・


PR
週末 - まちあるき」を更新しました。
今回は、山梨市の立石神社と大石神社に参拝してきました。
とちらも、巨岩に関係する神社です。
パワースポットで、いくらか癒されたかもしれません。
今朝は早くから、山梨県北杜市武川町下三吹の部落を「まち散歩」してきました。
もう一つのBlog『週末 - まちあるき』を更新する前に予告編として動画をUpしちゃいます。


山梨県北杜市武川町山高にある、高龍寺の参道


(後記)
御来場ありがとうございました。
楽しいステージになって満足でありまする~
週末 - まちあるき」を更新
静岡県三島市泉町・広小路町・南本町へ行ってきた。

まちあるきには一眼レフカメラは重荷になる。
今回もコンデジのFujifilm Finepix F710で撮った。
このカメラは既に骨董の部類だが、ネガフィルムのようなダイナミックレンジで白飛びに強い。
しかしホワイトバランスや色収差に難がある。
それでも「白飛びバンバン」のコンデジより愛着が沸くので頼りにしているのだ。
野点
この字、読めますか?
オイラは3日前まで読めませんでした。
意味は『屋外で茶または抹茶をいれて楽しむ茶会のこと。』
そうなんです、「のだて」と読みます。
「のだて」は知っていましたが、まさかこんな字だとは知らなかったんです。(大汗)

『点』を「たて」と読むなら「お茶をタテる」は『お茶を点てる』と書くに違いないと思い調べたら図星でした。
また、「点てる」は動詞なので、どんな動作なのかも調べてみました。
湯を加えた抹茶を、茶筅(ちゃせん)で手早くかき回すこと(点茶)
うむ~・・・今度は「点茶」を検索してみました。
すると
===========================================================
「点茶」の「点」
 「茶を点てる」の「たてる」に「点」の字を当てるのは、「点茶」にこの字が使われているからです。
 本来「点」は「小さく黒いほし」のことで、そこから「しるしをつける」と言う意味になり、「つける」「いれる」「とる」等の動詞に「少量」の度合が付加された表現の言葉に用いられます。 例えば、「点灯」(灯火をつける)、「点心」(空腹時に食物を少しとる)、「点眼」(目薬を少量さす)、「点滴」(わずかづつ滴らせる)等。
 「点茶」も、器に少量だけ茶を作る事ですから、その意味の上から「茶を入れる」のではなく「茶を点てる」と表現されるわけです。

============================================================
http://www1.odn.ne.jp/~cas30550/raku/raku1.html から引用

9割ほど理解しましたが、なかなか面白いですな。
まあ、「ちょこっといれる」と言う意味なんでしょうな~(きっと
   
Copyright ©  -- 一粒の沙塵 --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]